まだ死ねないんだ。

私と誰かが簡単に自殺を考えないためのブログ。

隠れた名作。

この世には、隠れた名作が沢山ある。


今日、外出したら棚からぼた餅の如く、隠れた名作と出会った。

大槻ケンヂ作「大槻ケンヂのお蔵出し」である。

その中の絶叫詩集しかまだまともに読んでいないが、これは私からすれば隠れた名作だと思う。

特に「高円寺心中」は良さみがありえん深い。


高円寺心中(テイクワン)の一部は、


人生というのはね 不条理なんですよ

「こうあって欲しいのにこうあって欲しくない」のが不条理なんですよ

(中略)

なんでかと問うならば!!

なんでかと問うならば!!

…生きるってそういうことだったんですよ (中略)

さみしさ 苦しさ 切なさ そういうものはもう自分の中にあるって認めちゃうんですよ あきらめるんじゃないんですよ あるがままに受け止めちゃうんですよ さみしくても 悲しくても

生まれてきたら人の人生はそれでOKなんですよ それだけでいいんですよ


と、書いてありました。

これを絶叫しながら読む大槻さんを想像すると、ちょっと胸が熱くなりました。しまいには、死にたくなったら50冊本を読めと本の中に書いてありまして…ちょっと救われました。

あ、私が好きな太宰治の本はその中で2冊読めとも書いてありました(笑)

そんなわけで、もし見かけたら、

この本を手に取ってみてください。

きっとなにかの役に立つでしょうから。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。