まだ死ねないんだ。

私と誰かが簡単に自殺を考えないためのブログ。

続)遠距離の独白。

そんな事があってからもう半年が過ぎた。アイドルバンドマンの彼はツイッターを見たところ生きているし元気そうである。よかった。


そう思う裏腹、多少は無理しているのかもしれないとも思える。

実際のところ、どう対応すれば良かったのかわからなかったから本に託したである。

そして当たり前ではありますが

返事は未だ、返って来ない。

だから、彼が鬱病だったのかどうか、

今も解らないままです。


そして、繋がらないはずのsnsの呟きの中に自分宛ての呟きがあったはかもしれないというのも今考えると私の妄想だったのかもしれない。


アイドルバンドマンに与えた個人情報も実は捨てられた後で悪用されてたりして…。

そう思うと、

もう好きなバンドにファンレターを書けなくなった。

しかし、ツイッターのリプでありがとうメッセージを送ってもタイミングが悪ければ読んでもらえない。


なんだか切ないですね。

けれど、仕方ないのです。

だって相手はアイドルバンドマンだから。


だから、これからは遠距離の相手は一般の人にすることにします。

そして、なるべくつぎの恋は、

相手に迷惑をかけないように

慎重にしようと思います。


あと、アイドルバンドマンの彼の事は、すっかり冷めましたので、

嫌いにでもなろうかと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。